• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~17:30

相続コラム

遺産分割協議書・遺産分割調停について

遺産分割協議書・遺産分割調停について

遺産分割協議の方法について

2019.09.27

遺産の分け方や、遺産分割協議の作成など手続きについて

 

1 遺産分割の時期と当事者

亡くなった方の法定相続人が複数いる場合、遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続開始後であればいつでも行うことができ、期間の制限はありません。

ただし、遺産分割協議は共同相続人全員の合意が必要ですので、行方不明の相続人や判断能力がない相続人がいる場合には、所定の手続きを経たうえで分割協議に参加させることが必要です。

 

2 遺産分割の効果

遺産分割が合意されると、その効力は相続開始のときに遡って生じます(民法909条)。相続開始のときとは、被相続人の死亡時です。

従って、協議成立のときに分割されるのではなく、相続開始のときに協議内容に応じた分割がなされたことになります。

 

3 遺産分割の方法

遺産分割の方法には様々な方法があり、①現物を分ける方法(現物分割)、②遺産を売却等して売却益を分ける方法(換価分割)、③遺産を取得した相続人が他の相続人に対し代償金を支払う方法(代償分割)などがあります。

どの方法が良いかは、遺産の種類や性質、各相続人の生活状況などを考慮して決めることになります。

分け方によって相続税の額が変わってくることもありますので、専門家へ相談したうえで分割することをお勧めします。

 

4 遺産分割協議書の作成

遺産分割の協議がまとまった場合、特に書面を作成しなくとも、協議の効力は発生します。

ただし、後々に協議の内容に疑義が生じたり、協議の内容を実現するために(不動産登記手続きなど)、遺産分割協議書を呼ばれる書面を作成することが一般です。

遺産分割協議書には、相続人と遺産の内容を特定し、どの遺産を誰がどのように取得するのかを明確にしなければなりません。

そのうえで、相続人全員が実印で押捺し、各々の印鑑登録証明書を添付します。

遺産分割協議書は、相続人の人数分作成して、各自が控えを保管するようにしましょう。

その他の関連コラム

遺産分割協議書・遺産分割調停について

遺産分割協議書とは

2018.06.18

遺産分割協議書とは、遺産をどのように分割するのかについて、相続人全員で話し合って決めた内容を記載した書面のことを言います。 遺産分割協議書は、相続人全員の合意のもとで遺産分割を行った内容を証明する大切な書面です。遺産分割・・・

詳しく見る

遺産分割について

遺産分割協議の進め方

2018.08.13

遺産分割協議の進め方   1 遺産分割協議とは 被相続人が亡くなり、遺産が残されているけれども遺言書はない場合、相続人全員が遺産の分け方を話し合い、合意をしなければ遺産を分けることは出来ません。 この話合いを、・・・

詳しく見る

遺産分割協議書・遺産分割調停について

遺産分割協議書のひな型(サンプル)

2020.08.04

遺産分割協議書の作成方法   1 遺産分割協議がまとまったら遺産分割協議書の作成を 遺産分割について協議がまとまった場合、書面を作成しなくても合意の効力は有効ですが、預金の払戻しや不動産の登記手続を行うためには・・・

詳しく見る

相続人調査&財産調査

相続人が行方不明の場合の遺産分割協議について

2018.08.15

相続人が行方不明の場合の遺産分割協議について   1 行方不明者を協議から除くことは出来ません コラム【遺産分割協議の進め方】にも記載の通り、遺産分割協議が有効に成立するには、必ず、相続人全員が合意をしなければ・・・

詳しく見る

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。