• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~19:00 土日夜間も相談対応

相続コラム

その他

その他

相続手続に必要な戸籍の集め方

2020.08.11

戸籍の申請方法、収集方法について

 

1 相続手続には戸籍が必ず必要

相続が発生し、預金の払戻しや不動産の名義変更の登記手続きを行う際には、必ず戸籍が必要となります。

この戸籍は、手続を取る方の戸籍だけでは足りず、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本を揃えなければなりません。

出生まで戸籍をたどっていく作業は、非常に難しい場合もあります。

何度も本籍地を移動している場合や、養子縁組を行っている場合などは特に収集が困難です。

 

2 戸籍の申請方法

戸籍は、本籍地を管轄する市区町村で管理されていますので、本籍地を管轄する市区町村役場に請求します。

請求に際しては、戸籍に載っている方は本人確認書類、その他の方は本人確認書類と請求できることを証明する書類が必要です。

請求する市区町村役場が遠方の場合、郵送での申請も受け付けています。

 

3 戸籍の収集方法

まずは、請求する市区町村役場に、被相続人の出生から死亡までの戸籍全てが欲しいと伝えて申請をしましょう。

ただ実際には、それですべての戸籍が揃うことは多くはありません。

手元に来た戸籍が、全て繋がった状態であるかどうかを、一通ずつ見比べて確認する必要があります。

そのような戸籍の繋がりを確認するのは、一般の方にはなかなか難しいものです。

当事務所では、相続手続きにあたっての戸籍収集を承ることが可能ですので、ご自分で収集するのが難しい方はお気軽にご相談ください。

 

その他の関連コラム

その他

遺言執行者の解任・辞任

2019.10.18

遺言執行者の解任・辞任   1 遺言執行者の解任 遺言執行者がその任務を適切に行わない場合、利害関係人は家庭裁判所に対し、遺言執行者の解任を請求することができます。 解任を求めるには、「任務を怠った」こと、ある・・・

詳しく見る

その他

内縁と相続

2018.08.21

内縁と相続   1 内縁の配偶者に相続権はあるか 法律上、相続権を有する配偶者は、有効な婚姻の届出がなされている夫または妻に限られます。 従って、内縁(いわゆる事実婚)の夫または妻には法定相続分はありません。 ・・・

詳しく見る

その他

相続財産管理人とは

2020.09.15

相続財産管理人の意味や役割について、弁護士が解説します   1 相続財産管理人とは 相続財産管理人とは、法定相続人が不存在等の場合に、申立てにより家庭裁判所から選任され、被相続人の相続財産を調査、管理、換価等す・・・

詳しく見る

その他

預金・貯金口座の相続手続き

2019.11.05

被相続人の預貯金口座の払戻し手続き、名義変更手続きについて   1 はじめに 銀行実務においては、通常、相続人が単独で被相続人名義の預貯金を引き出すことを認めていません。 金融機関は、預金者の死亡が分かった時点・・・

詳しく見る

その他

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について

2018.09.04

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について   1 遺産が不明の場合 相続のご相談で多くあるのが、遺産の内容を把握できないという問題です。 例えば、被相続人が生前同居していた家族の一人が事実上の財・・・

詳しく見る

その他

法定相続情報一覧図とは

2020.10.07

法定相続情報一覧図を活用しましょう   1 法定相続情報一覧図とは 相続の手続きを取る際、相続関係を証明するため、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式を揃える必要があります。 相続手続が複数必要な場合(金融機関・・・

詳しく見る

その他

遺言執行者の選任と役割

2018.08.23

遺言執行者の選任と役割   1 遺言執行者とは 亡くなった人の遺言が残されていた場合、その遺言の内容を実現するためには、様々な手続きが必要です。 預貯金の解約・分配手続きや、不動産の登記手続き、遺贈や寄附行為な・・・

詳しく見る

その他

農地の相続

2019.12.24

遺産のなかに農地がある場合の相続手続き   1 農地の相続手続き 農地の所有権を移転する場合には、原則として農地法所定の許可が必要です。 また、所有権移転登記を申請する際には許可書を提供しなければなりません。 ・・・

詳しく見る

その他

相続分の譲渡

2020.05.20

相続分を他の相続人に譲渡する場合、第三者に譲渡する場合について   1 相続分を他の相続人に譲渡する場合 (1)相続分を譲渡するメリット ①  遺産分割協議に参加せずに済む 遺産を取得したくない場合、遺産分割協・・・

詳しく見る

その他

相続人の廃除

2018.08.16

相続人の廃除   1 遺留分の壁 法定相続人のなかで相続させたくない人がいる場合、例えば、非行を繰り返す二男には相続させたくないという相談がよくあります。 その場合、方法の一つとしては、相続させたくない子以外の・・・

詳しく見る

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。