• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~19:00 土日夜間も相談対応

よくある相談

相続登記・名義変更

相続が発生すると、遺産それぞれの名義を変更し登記しなければなりません。

相続登記、名義変更をするための流れは以下のようになります。

①相続人を確定する

遺言書がある場合には、遺言書に書かれている人が相続人となります。

遺言書がない場合には、法定相続人が相続人となりますので、この法定相続人が誰かを確定するために、戸籍収集を行うことになります。

戸籍の収集は、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの連続した戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本を揃える必要があります。

②遺産の調査

被相続人の遺産として何があるのかを調査して確定させます。

遺産の種類や価額を特定する必要がありますので、預貯金の場合には、金融機関に、死亡時の残高証明書を発行してもらいます。不動産の場合には、登記簿謄本などで権利状態を把握します。

③遺産分割協議と遺産分割協議書の作成

法定相続人全員で、誰がどの遺産を相続するのかについて話し合います。これを遺産分割協議と言います。

話合いがまとまったら、その内容について遺産分割協議書と言う書面を作成し、相続人全員で署名押印をします。

④名義変更

遺産分割協議の内容に従って名義変更の手続きを行います。

預貯金の名義変更は、金融機関に遺産分割協議書や戸籍一式などの必要書類(金融機関によって必要な書類が異なりますのでご確認ください)を提出します。

不動産の相続登記は、遺産分割協議書や登記申請書等を法務局に提出して申請します。

名義変更に期限はありませんが、名義変更をしていないと、後々のトラブルのもとになることがありますので、早めに名義変更を済ませるようにしましょう。特に、不動産の名義変更については法務局での手続きが必要になるため、手続きをせずに放置してしますケースがよく見られますが、将来、二次相続が発生したときに手続きが煩雑になってしまいます。次の世代の負担を増やさないためにも、名義変更はきちんと行っておきましょう。

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。