• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~17:30

相続コラム

その他

その他

相続人の廃除

2018.08.16

相続人の廃除

 

1 遺留分の壁

法定相続人のなかで相続させたくない人がいる場合、例えば、非行を繰り返す二男には相続させたくないという相談がよくあります。

その場合、方法の一つとしては、相続させたくない子以外の者に対して財産を相続させるという遺言をすれば二男は相続できないことになります。

しかし、民法上、遺留分という制度があり、子は法定相続分の2分の1の割合で相続財産を取り戻す権利(遺留分減殺請求権)が認められていますので、この権利を行使された場合は遺産の一部は取得されてしまうことになります。

つまり、遺留分制度の存在により、遺言でまったく相続させないとすることには限界があるのです。

 

2 相続権の廃除制度

上記の方法と異なり、相続権を完全に失わせる方法として、民法上、「廃除(はいじょ)」という制度があります。

これは、子が親を虐待するとか、重大な侮辱を加えたとか、その他著しい非行があった場合に、相続人の資格を失わせる制度です(民法893条)。

廃除をするためには、家庭裁判所に申立てを行い、廃除の審判を受けることが必要です。

ただ、廃除は、相続人の資格そのものを奪うことですから、簡単に認められるものではなく、裁判所が双方の言い分を十分に聞いたうえで慎重に判断されます。

廃除の審判があると、廃除された相続人は、申し立てた被相続人との関係において相続人としての地位を失います(民法887条)。

これにより、廃除された相続人は遺留分もなくなることになります。

ただし、廃除された相続人に子どもがいる場合は、その子どもは代襲相続する権利を失っていませんので、その子どもが相続することになります。

それでも廃除をする意味があるかどうか、よく検討する必要があります。

また、相続人の廃除は遺言ですることも出来ます。この場合は、被相続人の死亡後、遺言執行者が廃除の申立てを家庭裁判所に行うことになります。

 

3 廃除の取消し

廃除の審判が出て廃除が決定した後に、廃除した相続人との仲が回復したような場合は、廃除の取消しをすることができます(民法894条)。

廃除の取消しについても、家庭裁判所への申立てが必要です。

また、廃除の取消しを遺言ですることも可能です。

 

その他の関連コラム

その他

法定相続情報一覧図とは

2020.10.07

法定相続情報一覧図を活用しましょう   1 法定相続情報一覧図とは 相続の手続きを取る際、相続関係を証明するため、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式を揃える必要があります。 相続手続が複数必要な場合(金融機関・・・

詳しく見る

その他

推定相続人廃除の要件

2020.03.05

法定相続人に相続させたくない場合、どのような方法があるか   1 遺産を渡したくない場合 例えば、自分に子どもがいるけれども、子どもが昔から素行不良で迷惑をかけられており、長年不仲であるなどの理由で、遺産を相続・・・

詳しく見る

その他

預金・貯金口座の相続手続き

2019.11.05

被相続人の預貯金口座の払戻し手続き、名義変更手続きについて   1 はじめに 銀行実務においては、通常、相続人が単独で被相続人名義の預貯金を引き出すことを認めていません。 金融機関は、預金者の死亡が分かった時点・・・

詳しく見る

その他

農地の相続

2019.12.24

遺産のなかに農地がある場合の相続手続き   1 農地の相続手続き 農地の所有権を移転する場合には、原則として農地法所定の許可が必要です。 また、所有権移転登記を申請する際には許可書を提供しなければなりません。 ・・・

詳しく見る

その他

農地の相続

2018.08.30

農地の相続   1 農地の相続の方法 遺産に農地が含まれている場合には、農地法の規制に注意する必要があります。 農地法は、農地が農家でない者の手に渡って荒廃するなどの不都合を防止するため、 農地の売買や賃貸借を・・・

詳しく見る

その他

遺言執行者の選任と役割

2018.08.23

遺言執行者の選任と役割   1 遺言執行者とは 亡くなった人の遺言が残されていた場合、その遺言の内容を実現するためには、様々な手続きが必要です。 預貯金の解約・分配手続きや、不動産の登記手続き、遺贈や寄附行為な・・・

詳しく見る

その他

空き家問題

2020.06.12

空き家相続サービスの協力弁護士になりました   1 増加する空き家問題 社会の高齢化に伴い、空き家問題が社会問題となっています。 空き家が放置されてしまう理由は様々ですが、所有者が高齢で判断能力が衰えてしまい、・・・

詳しく見る

その他

相続手続に必要な戸籍の集め方

2020.08.11

戸籍の申請方法、収集方法について   1 相続手続には戸籍が必ず必要 相続が発生し、預金の払戻しや不動産の名義変更の登記手続きを行う際には、必ず戸籍が必要となります。 この戸籍は、手続を取る方の戸籍だけでは足り・・・

詳しく見る

その他

配偶者居住権について

2023.03.28

配偶者居住権について、弁護士が解説します 1 配偶者居住権とは 配偶者居住権とは、夫婦のどちらか一方が亡くなったときに、残された配偶者が、亡くなった配偶者と一緒に住んでいた家に居住を続けることを認めた権利です。 夫婦が一・・・

詳しく見る

その他

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について

2018.09.04

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について   1 遺産が不明の場合 相続のご相談で多くあるのが、遺産の内容を把握できないという問題です。 例えば、被相続人が生前同居していた家族の一人が事実上の財・・・

詳しく見る

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。