• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~17:30

相続コラム

その他

その他

相続に際しての香典や葬儀費用の取り扱いについて

2018.08.20

相続に際しての香典や葬儀費用の取り扱いについて

 

1 香典は誰のものか

香典は、葬儀の際に、死者への弔意などのために贈られるもので、法的には、葬儀主宰者(喪主)や遺族への贈与とされています。

従って、被相続人(亡くなった人)の遺産には含まれず、理論上は遺産分割の対象にもなりません。

しかし、実務においては、遺産分割の際に葬儀費用から香典を控除し、なお葬儀費用のほうが高額であった場合には、その分の葬儀費用を相続財産から控除するという取り扱いがなされることが多くあります。

その場合には、葬儀費用と香典それぞれについて、金額や内訳が分かるようにしておくことが大切です。

葬儀費用に関する領収証を残しておいたり、誰からいくらの香典をもらい、どのような香典返しを行ったかなど記録を残しておくことが、後々のトラブル防止のために重要です。

 

2 葬儀費用は誰の負担か

葬儀費用の負担について、法律上明確な規定はなく、学説や判例の考え方も分かれています。

一般的には、葬儀の主宰者(喪主)が負担し、他の相続人は負担しないこととされます。

ただ、相続人間で話し合いのうえ、合意がなされれば、遺産から支出をすることも可能です。

その場合には、上記の通りまずは香典を充てて残りを遺産から支出するのが原則です。

 

3 まとめ

香典や葬儀費用については、必ずしも定まった規定や慣習はなく、被相続人の指示があってそれを遺族が尊重する場合や、相続人など関係者の合意にしたがって葬儀が行われる場合には、平穏に負担者が定まります。

しかし、関係者間の紛争が背景にあるような場合には、香典や葬儀費用についてもトラブルの元になってしまうことは少なくありません。

そのような場合の負担について、遺産分割に際して公平な話合いが出来るよう、領収証などの資料は出来る限り残しておくようにしましょう。

 

その他の関連コラム

その他

預金・貯金口座の相続手続き

2019.11.05

被相続人の預貯金口座の払戻し手続き、名義変更手続きについて   1 はじめに 銀行実務においては、通常、相続人が単独で被相続人名義の預貯金を引き出すことを認めていません。 金融機関は、預金者の死亡が分かった時点・・・

詳しく見る

その他

財産を相続させたくない相続人がいるとき

2019.02.19

推定相続人廃除の申立てについて   1 相続人に相続をさせないためには 例えば、子どもの一人が、若いころから放蕩三昧で親のお金を散々使ってしまい、さらには親に対して暴力を振るったり暴れたりということがあるような・・・

詳しく見る

その他

相続財産管理人とは

2020.09.15

相続財産管理人の意味や役割について、弁護士が解説します   1 相続財産管理人とは 相続財産管理人とは、法定相続人が不存在等の場合に、申立てにより家庭裁判所から選任され、被相続人の相続財産を調査、管理、換価等す・・・

詳しく見る

その他

空き家問題

2020.06.12

空き家相続サービスの協力弁護士になりました   1 増加する空き家問題 社会の高齢化に伴い、空き家問題が社会問題となっています。 空き家が放置されてしまう理由は様々ですが、所有者が高齢で判断能力が衰えてしまい、・・・

詳しく見る

その他

法定相続情報一覧図とは

2020.10.07

法定相続情報一覧図を活用しましょう   1 法定相続情報一覧図とは 相続の手続きを取る際、相続関係を証明するため、被相続人の出生から死亡までの戸籍一式を揃える必要があります。 相続手続が複数必要な場合(金融機関・・・

詳しく見る

その他

遺言執行者の選任と役割

2018.08.23

遺言執行者の選任と役割   1 遺言執行者とは 亡くなった人の遺言が残されていた場合、その遺言の内容を実現するためには、様々な手続きが必要です。 預貯金の解約・分配手続きや、不動産の登記手続き、遺贈や寄附行為な・・・

詳しく見る

その他

農地の相続

2018.08.30

農地の相続   1 農地の相続の方法 遺産に農地が含まれている場合には、農地法の規制に注意する必要があります。 農地法は、農地が農家でない者の手に渡って荒廃するなどの不都合を防止するため、 農地の売買や賃貸借を・・・

詳しく見る

その他

農地の相続

2019.12.24

遺産のなかに農地がある場合の相続手続き   1 農地の相続手続き 農地の所有権を移転する場合には、原則として農地法所定の許可が必要です。 また、所有権移転登記を申請する際には許可書を提供しなければなりません。 ・・・

詳しく見る

その他

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について

2018.09.04

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について   1 遺産が不明の場合 相続のご相談で多くあるのが、遺産の内容を把握できないという問題です。 例えば、被相続人が生前同居していた家族の一人が事実上の財・・・

詳しく見る

その他

内縁と相続

2018.08.21

内縁と相続   1 内縁の配偶者に相続権はあるか 法律上、相続権を有する配偶者は、有効な婚姻の届出がなされている夫または妻に限られます。 従って、内縁(いわゆる事実婚)の夫または妻には法定相続分はありません。 ・・・

詳しく見る

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。