• 0356566380
  • お問い合わせ

受付 平日9:30~17:30

相続コラム

その他

その他

遺言執行者の選任と役割

2018.08.23

遺言執行者の選任と役割

 

1 遺言執行者とは

亡くなった人の遺言が残されていた場合、その遺言の内容を実現するためには、様々な手続きが必要です。

預貯金の解約・分配手続きや、不動産の登記手続き、遺贈や寄附行為など、手続きが複雑なものも少なくありません。

その過程で、相続人の一人が勝手に相続財産を処分してしまったり、トラブルが発生することもあります。

遺言執行者は、遺言の内容を実現するために必要な手続きを全て行う権限を有しており、遺言執行者を選任しておけば、トラブルを避け、遺言の内容をスムーズに実現することが出来ます。

 

2 遺言執行者はどのように選ばれるか

遺言者は、遺言で遺言執行者を指定し、または第三者に委託することが出来ます。

指定された遺言執行者がいないとき、または指定されていても辞退したときは、相続人、受遺者、相続債権者など利害関係人の申立てによって家庭裁判所が遺言執行者を選任します。

この申立ては、被相続人(亡くなった人)の死亡時の住所を管轄する家庭裁判所にするのが原則です。

 

3 遺言執行者の権限と報酬

遺言執行者は財産目録を調整し、これを相続人に交付します。

それから、預金口座の名義変更や預金の払い戻し、分配、不動産の登記名義を変更することなど、相続に必要な一切の行為を行います。

例えば、遺言により二男が土地をもらい、三男が預金をもらうことになっているのに、長男が土地の権利証や預金の通帳・印鑑などを渡そうとしない場合、遺言執行者は、遺言の執行に必要な範囲で、長男に対し権利証や通帳・印鑑の引渡しを求めることができます。

必要な場合には、長男を相手に訴訟を提起する権限もあります。

遺言執行者に対する報酬は、遺言で定められるのが原則ですが、定めがない場合には、家庭裁判所に申し立てて決定してもらいます。

 

その他の関連コラム

その他

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について

2018.09.04

相続 遺産調査の方法~23条照会(弁護士会照会)について   1 遺産が不明の場合 相続のご相談で多くあるのが、遺産の内容を把握できないという問題です。 例えば、被相続人が生前同居していた家族の一人が事実上の財・・・

詳しく見る

その他

遺言執行者の解任・辞任

2019.10.18

遺言執行者の解任・辞任   1 遺言執行者の解任 遺言執行者がその任務を適切に行わない場合、利害関係人は家庭裁判所に対し、遺言執行者の解任を請求することができます。 解任を求めるには、「任務を怠った」こと、ある・・・

詳しく見る

その他

空き家問題

2020.06.12

空き家相続サービスの協力弁護士になりました   1 増加する空き家問題 社会の高齢化に伴い、空き家問題が社会問題となっています。 空き家が放置されてしまう理由は様々ですが、所有者が高齢で判断能力が衰えてしまい、・・・

詳しく見る

その他

相続手続に必要な戸籍の集め方

2020.08.11

戸籍の申請方法、収集方法について   1 相続手続には戸籍が必ず必要 相続が発生し、預金の払戻しや不動産の名義変更の登記手続きを行う際には、必ず戸籍が必要となります。 この戸籍は、手続を取る方の戸籍だけでは足り・・・

詳しく見る

その他

推定相続人廃除の要件

2020.03.05

法定相続人に相続させたくない場合、どのような方法があるか   1 遺産を渡したくない場合 例えば、自分に子どもがいるけれども、子どもが昔から素行不良で迷惑をかけられており、長年不仲であるなどの理由で、遺産を相続・・・

詳しく見る

その他

香典や葬儀費用の取扱いについて

2020.08.25

相続において香典や葬儀費用をどのように扱うべきか   1 香典、葬儀費用の法的性質 香典について、法律の規定はありませんが、慣習上喪主へ贈られる贈与と解されています。 葬儀費用についても法律上の規定はなく、必ず・・・

詳しく見る

その他

相続人の廃除

2018.08.16

相続人の廃除   1 遺留分の壁 法定相続人のなかで相続させたくない人がいる場合、例えば、非行を繰り返す二男には相続させたくないという相談がよくあります。 その場合、方法の一つとしては、相続させたくない子以外の・・・

詳しく見る

その他

相続人に未成年者がいる場合

2020.03.18

特別代理人の選任手続について   1 特別代理人が必要な場合 例えば、父親が死亡して、法定相続人として妻と未成年の子どもがいる場合、遺産分割協議はどのように行えばよいでしょうか。 この場合、妻は子どもの単独親権・・・

詳しく見る

その他

内縁と相続

2018.08.21

内縁と相続   1 内縁の配偶者に相続権はあるか 法律上、相続権を有する配偶者は、有効な婚姻の届出がなされている夫または妻に限られます。 従って、内縁(いわゆる事実婚)の夫または妻には法定相続分はありません。 ・・・

詳しく見る

その他

相続分の譲渡

2020.05.20

相続分を他の相続人に譲渡する場合、第三者に譲渡する場合について   1 相続分を他の相続人に譲渡する場合 (1)相続分を譲渡するメリット ①  遺産分割協議に参加せずに済む 遺産を取得したくない場合、遺産分割協・・・

詳しく見る

相続のことならまずはお気軽にお電話ください。